近大病院で不適切会計 公金2200万円、一部流用 – 日本経済新聞

近大病院で不適切会計 公金2200万円、一部流用
日本経済新聞
近畿大病院(大阪府大阪狭山市)の救命救急センターと小児科、産婦人科の医師らが、府の補助金など少なくとも計約2200万円の公金を個人名義の口座で管理し、そのうち約360万円を懇親会や当直時の飲食費に使用していたことが5日、分かった。 病院は不適切な会計処理 …

and more »